ケフィアで下痢になる人の腸内環境の変化について

腸内環境を整えるためにケフィアを摂取しはじめたのに、その頃から下痢になってしまったという方は意外と少なくありません。
どんな方や状況でお腹の調子に変化を感じるのでしょうか?

 

腸内環境が整う過程

まずケフィアで十分に乳酸菌を摂ることで環境が変わり下痢が起きてしまったケースです。

 

ケフィアを摂取するとバランスが乱れていた腸内環境に変化が起き、その過程で腸内に残っていた老廃物などの排出によって、人によっては下痢となってしまう場合があるようです。

 

ケフィア菌が体に合わない

もう一つの原因は、根本的にケフィアに含まれている菌が体に合わないというケースです。

 

これはヨーグルトでも起こることですが、こうした発酵食品に含まれる乳酸菌にはかなりの種類が存在しています。

 

特にケフィアは一般的なヨーグルトよりも含まれている乳酸菌の種類が豊富なため、そのどれかが体に合わない場合、悪影響が出てしまうこともあるのです。

 

牛乳やヨーグルトなどの乳製品が合わないといった場合も考えられると言われています。

 

ただし、ケフィアは牛乳などに含まれる乳糖が牛乳よりも少ないため、牛乳だとお腹がごろごろしてしまうという方でも食べられたという方もいるので、合う合わないは個人によって違いがあるようです。

 

雑菌による影響

自作ケフィアヨーグルトの場合、保存状況によって雑菌が繁殖してしまうケースがあります。この場合はケフィアではなく、その他の影響によって下痢になってしまう場合が考えられます。

 

ケフィア,下痢,腸内環境改善,乳酸菌

 

食べ始めて症状が治まらない場合は、体質に合っていない可能性が高いのでやめることを検討した方がよいでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加