ビフィズス菌の働きとは?

ビフィズス菌,働き,効果,腸内環境,特徴

ビフィズス菌は、人間の腸内に適した有用な菌と言われています。

 

人によって持っている菌の種類は異なりますが、10種類存在すると言われています。

 

ビフィズス菌は、乳酸や酢酸などの有機酸を作り出して悪玉菌を減らすという特徴があります。

 

ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌,働き,効果,腸内環境,特徴

酢酸には強力な殺菌作用を持つとされており、悪玉菌の繁殖を抑制する働きを持つとされています。

 

他にも、腸の粘膜を保護する作用があるため、大腸菌などの予防にも関わるとされています。

 

酢酸自体はお酢などで飲めますが、大腸に届く前に吸収されてしまいます。
そのため、大腸で酢酸を作り出す重要な役割を担っていると言えます。

 

善玉菌としての働き

また、ビフィズス菌には腸内環境を整えるなど、人間の身体の様々な生理機能に作用する善玉菌としての働きもあります。

 

腸の働きが良くなることで、お通じのスムーズさなど、毎日の健康習慣にも良い影響があると考えられています。

 

健康に働きかける健康成分が豊富

他にも、ビフィズス菌には葉酸などのビタミンB群を作り出して栄養素の吸収を助ける働きや、病気の予防など免疫力に関わる働きにも関わっているとされています。

 

ビフィズス菌は、年齢と共に腸内細菌内での割合が低くなっていきストレスなどでも減っていくため、増やすためには生きた状態で含まれる食品を毎日継続して摂取する必要があると推奨されています。

 


 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加