便秘を改善するための基本知識

便秘,改善,善玉菌,食物繊維,水分

便秘を改善させるための基本的な知識で大切なのは、腸の動きを把握することです。

 

口から吸収した食べ物は消化されてから腸へと送られますが、蠕動(ぜんどう)運動が活発でなければ排便の段階まで順調に進むことができません。

 

腸内の水分バランスも崩れてしまうと、腸の動きは鈍化してしまうこともあります。

 

便秘を予防するためには?

食物繊維

便秘を予防するためには、食物繊維を摂取することは基本とされています。

 

根菜類をよく食べて食物繊維を取り入れることで、腸内では水分を吸って膨張して腸壁を刺激したり、便のカサを増やすなど、排便を促すのに関わる重要な存在とされています。

 

脂っこい料理を食べ過ぎて、食物繊維の摂取量も減っている場合には、腸の活動にとっては大きな負担となります。

 

食事では主菜と副菜のバランスを整えて、蠕動(ぜんどう)運動を刺激するための栄養を積極的に摂取することが大切です。

 

善玉菌

腸内では善玉菌と悪玉菌の優位によって、環境に影響を与えると言われています。

 

悪玉菌は腸内で好ましくない活動をするものですから、善玉菌を増やすことは、スムーズなお通じのサイクルにも影響すると言われています。

 

便秘を効果的に防ぐためには、腸内で中立的な立場にある日和見(ひよりみ)菌を味方にすることも大切だと言われています。

 

善玉菌にとって有益となるヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べれば、善玉菌を増やして日和見(ひよりみ)菌の助けも得ることができるため、慢性的な便秘対策にも良い影響が期待できるとされています。

 

運動

腸内の蠕動を促すのは食物繊維だけでなく、運動によって刺激することもできます。運動不足な方は便秘になりやすいというのは広く知られています。
年齢を重ねるごとに運動をする機会が減ってしまいますので、適度な運動を心がけましょう。

 

水分補給

また、水分不足は便の柔らかさやカサを増やすのに関わります。小さなお子さんの便秘も水分不足などで起きやすくなるなど、影響は大きいため、小児科などでも適度な水分補給を勧められることは多いです。

 

食生活

食物繊維や水分補給といった便秘改善の基本は、食生活にまつわるポイントです。
野菜や果物といったバランスを考えた食生活を送ることが大切です。その中で乳酸菌を補給するためにヨーグルト、そしてケフィアといった食品を活用しながら、腸内の環境の健康対策を意識して食生活を送ることが便秘改善のためのポイントと言われいます。

 


 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加